権助魚

胃仲家百勝
前座を務めさせていただきました。前回まで落語らしい落語が出来なくて…。今回はなんとか完走できて皆さんに感謝。
子ほめ

小豆家豆太郎
(特別出演)
この会には初出演。
この日、20歳の誕生日をむかえての嬉しい高座となりました。お年寄りの集団に若さ一杯の演技、良かったですよ。
たらちね

剋家清生
(特別出演)
すっかり常連になりました。
歯切れのいい口舌で、お客さんの心をガッチリつかんでの熱演でした。
禁酒番屋

山川短志
酔っ払いとの相性は前々回の「猫の災難」で証明済み。酒呑みとはこんな感じ…、を遺憾なく発揮していました。
干物箱

桂 友楽
この会に登場して2回目。師匠桂 文楽(先代)直伝の噺をかけてくれました。
ルン平的こころ

ハッピー・ルン平
落語の合間の色物としては最高。ホッとするひと時を演出してくれました。
しじみ売り

都家東北
なんとも珍しい噺をかけてくれました。何回か聞いていますが、人情噺がピッタリな東北さんです。
仙台新撰落語会(第5回)

2007年6月30日
宮城県民会館和室

戻る

次ぎ