仙台新撰落語会
 
 と  き    2006年12月9日(土)

 ところ    宮城県民会館
         4階 和室
番 組

肥瓶          剋家清生
子ほめ      番戸亭へぼ助
猫の災難       山川短志
崇徳院       胃仲家百勝
漫談        ハッピー・ルン平
 芝浜              都家東北

今回でちょうど一周年を迎えました。お陰さまでなんとか軌道に乗せることができたのではないでしょうか。できれば、年に3〜4回くらいは開催していきたいと思いますので、これからもよろしくお願いいたします。
今回はゲストとして若手2名が登場。新撰落語会に新鮮な演技を披露してくれました。

肥瓶  剋家清生

特別出演 
学生落語で3年目。それなりのキャリアを踏んでの高座は楽しいものでした。

子ほめ  番戸亭へぼ助

特別出演
声に張りがあって、若さ溢れる、これからが楽しみな高座でした。

猫の災難  山川短志

なにか、昨夜の酒がまだ残っているようだ、と言いながらの出番。噺の途中からその酒が効いてきたのか、心地よい酔っ払いを演じていました。

崇徳院  胃仲家百勝

まくらで今年一年を振り返り、噺に入る。トントンと進んだんですが、どうしたものか、途中で絶句。勉強し直してきます−と降板。残念な結果となりましたが、次回にリベンジとは本人の弁。

シャンソンとボク  ハッピー・ルン平

新ネタに挑戦。音楽との掛け合いの妙を狙ったんですが、お客さんの反応は今ひとつ…。これまた次回にリベンジを。

芝浜  都家東北

師走の落語会になくてはならないこの噺。夫婦の情愛をしっとりと聞かせてくれました。トリに相応しい人情噺で今年最後を締めくくってくれました。
今年も一年間ありがとうございました。

戻る

次ぎ