第29回仙台新撰落語会

と き 2014年7月26日(土)
      午後1時より
ところ 仙台市 県民会館

今思うと、梅雨明けの前々日だったんですね。非常に暑い一日でした。
そんな中、大勢の方においでいただき、ありがとうございました。
前回よりイス席の会場に変更しましたが、大変好評で、しばらくはこの会場でゆったり聞いていただくことにします。

 壺算  水無月亭六六
     (みなづきてい ろくろく)

一荷の瓶を買ったが、本当は二荷の瓶が欲しい。一荷の瓶を下取りにし…。ここから勘定が合わない??? 六六さんの噺に会場のみんなも???
 幽霊の辻  裁落亭とんぼ
        (さいらくてい とんぼ)

恐い、背筋が冷たくなるような噺。村のおばあさんに、堀越村へ行く道を尋ねますが…。水子池⇒獄門橋⇒父追い橋⇒
恐いところを通らないと…。
 親子酒  胃仲家百勝
      (いなかや ひゃくしょう)

マクラでいろんな酒飲みが登場。所作がお上手でおいしそうです。
~都々逸♪♪♪
酒を飲む人 花なら蕾~ 今日もさけさけ 明日もさけ~ なんてね。(酒と咲けをかけた)
仲 入 り
 転宅  山川短志
     (やまかわ たんし)

石川五右衛門の話から八千草薫、吉永小百合まで、マクラがとても面白い。色仕掛けで、ドロボウの財布まで取っちゃう、すごい妾(ひと)もいたんだね。
 目黒のさんま  親夜亭目ぼそ
        (しんやてい めぼそ)

目黒名人会と縁があった目ぼそさんが、お殿様を熱演!!この暑い夏が過ぎると、旬の秋刀魚が食べたくなります。
 唐茄子屋政談  桂 友楽
          (かつら ゆうらく)

人間国宝になった柳家小三治さんの話をマクラで。時間の制約もあって、途中でサゲましたが、たっぷりと熱演でした。