小噺集  桂 友楽
      (かつら ゆうらく)

サラ口と言うので、サラッと小噺でご機嫌を伺いました。
 特別出演
 ほらの種  小豆家豆太郎
       (あずきや まめたろう)

毎回新しいネタをかけてくれてます。よく覚えられるなぁと、感心。
 元犬  招福亭こいく
     (しょうふくてい こいく)

新しい家に新しい噺。家を新築しただけに気持ちも乗っています。
 蝦蟇の油  水無月亭六六
       (みなづきて ろくろく)

張りのある声は折り紙つき。アンケートでも絶賛。
 北の国から  山川短志
        (やまかわ たんし)

漫談を演っていた昔の仲間を思い出して挑戦。でも、カセットレコーダーの調子が悪く不完全燃焼。次回に期待。
 しわい屋  親夜亭目ぼそ
       (しんやてい めぼそ)

稽古不足ながら、楽屋とお客様を巻き込んで賑やかに完走。
仲入
 孝行糖  翁家さん楽
      (おきなや さんらく)

簾が戻らないアクシデント。でもそこは十八番。なんとか切り抜けて拍手喝采。
 小言念仏  乃芽家一f
        (のめや いっしょう)

今日がネタおろし。そんなことは感じさせない完成度で、爆笑でした。
 奴さん・かっぽれ
      櫻川后左江
      (さくらがわ こうさえ)

いつ見ても、粋な艶ッぽい踊りで、さすが姐さん。
 禁酒番屋  胃仲家百勝
      (いなかや ひゃくしょう)

トリに相応しい(アンケートに記入)出来で、本人も納得の一席とか。
ふくしま素人落語の会のとんぼさんと東北学院大落研のかすみさんも飛び入り。賑やかな打ち上げとなりました。いつもの「集合郎」で。

第21回仙台新撰落語会

と き 2012年9月8日(土)
     午後1時より
ところ 宮城県民会館 和室

県民会館は震災後1年以上使用停止状態でしたが、ようやく使えるようになりました。またここを拠点に開催して参りますので、宜しくお願い致します。
定禅寺ストリートジャズフェステバルと重なって、市内は大賑わい。県民会館は定禅寺通りにあるので、音がまともに入って来ます。お客様は落語とジャズのセッションを聞いている感じじゃなかったでしょうか。
お陰さまで50名近いお客様においでいただきました。お礼申し上げます。ありがたいことです。