1月の中旬だったでしょうか、寒河江市社会福祉協議会さんから電話をいただきました。

「あの〜、講師をお願いしたいのですが…」
「えッ、講師と言いますと」
「ボランティアで落語を演れる人を育てたいので、その先生になっていただきたいのですが…」

こんなやりとりだったと思います。

落語を演り始めて6年目、出前寄席などでの高座は何回となく務めてきましたが、「講師」の依頼は初めてです。はたして我々素人にできるものだろうかと不安が募りましたが、落語好きな皆さんのお役に立てればと、思い切って引き受けることにしました。

寒河江市 落語ボランティア養成講座

ぎぼうし落語の会

この会は寒河江市落語ボランティア養成講座の卒業生が作ったボランティア団体です。
実は、養成講座は寒河江市社会福祉協議会の主催で行われましたが、導入編だけで一旦終了し、実践編は身を引くことになったのです。勿論、バックアップはありますが、後は愛好団体を作り、自分たちの力で進めて欲しいとのことでした。

そんな訳で、さくらんぼ落語愛好会は引き続き指導の要請を受けましたので、一緒に学びながら進めて参ります。