2回目 3月12日(土)

カリキュラムを一部変更し、ミニ落語会を省略。前回の振り返りから始めました。
受講生はお一人ですから、臨機応変に進められるのがメリットです。



「落語は想像の芸」ですから、お客様にいかに想像していただくかが大切です。そのための表現・仕草を詳しく復習しました。



さて、基礎的なことはこの位にして、いよいよ実践です。宿題にしておいた小噺を演ってもらいました。
やはり、初めての経験でもあり、相当苦労したそうです。それでも、しっかり台詞は覚えて来ましたので、最初にしては上出来です。



一通り講義が終わり、終講式で一旦閉めました。その後、今後の希望を伺いましたら、このまま続けたいとのこと。
それならばと、6回の実践編に入ることにしました。楽しみです。