第30回
わんぱく相撲東根大会

と き 2016年5月14日(土)
      午前11時30分より
ところ 東根市立東根小学校

昨年から出初めて、今年で2回目となります。熊龍会長と二人で唄って来ました。
快晴に恵まれ、100名以上の少年力士とご家族の方々が詰めかけ、大盛況でした。事前の打ち合わせの中で、役員の方から、「昨年は初めてということもあって、バタバタしましたので、今年はタップリ時間をとります」とのことでした。
そのこともあってか、我々が土俵に上がる前に、相撲甚句の紹介をアナウンスしておりました。馴染がないものだけに、そんな気配りが嬉しかったですね。大会に花を添えていただき、ありがとうございました、なんて感謝され、少しはお役にたてたのではないでしょうか。

挨拶の中で、“ドスコイ”の掛け声をやっていただこうと、皆さんにお願いしました。昨年は時間がないとのことで、やむなく省略しました、掛け声があると会場と一体になれます。
 ≪熊龍≫
 前唄    富士のヤ
 はやし唄 みかんきんかん

 ≪勝義龍≫
 本唄    花づくし



花づくしは四季の花を通して、相撲の世界を表した、良く出来た唄です。練習を重ねて臨みましたので、気持ちは伝わったんじゃないでしょうか。
少年力士のお母さんから、「ドスコイの掛け声があって、良かったです。あれで、子供の緊張感もほぐれたようです」とのことでした。こう言うものは「参加型」が一番ですね。