準備していただいた東根市のマイクロバスでの運行です。高座道具一式はこの中に収まりましたよ。
約40世帯だそうで、比較的規模の小さなところでした。
そこの談話室が会場です。
先ずは自己紹介を兼ねてご挨拶から始めました。
 代書屋  胃仲家百勝
     (いなかや ひゃくしょう)

出演者の関係で二席演りました。出だしは場の雰囲気作りに力を注ぎ、なんとか温まりましたね。
 寿限無  長崎亭姫呼
      (ながさきてい ひめこ)

高座本番2回目とか。それにしてはなかなかのもの。笑いを誘っていました。  
 たぬき  鈴々亭小かめ
     (りんりんてい こかめ)

テンポ、リズム、間、どれをとってもこれまでで一番良かったのでは。
 禁酒番屋  胃仲家百勝
       (いなかや ひゃくしょう)

息が届く距離。難しさと楽しさを同時に味わうことが出来ました。
無事終えて、社協さんの前での記念写真。充実した顔ですねぇ〜。ご苦労さん、と言わんばかりに夕日が明るく照らしてました。

堰の内南地区応急仮設住宅

元気隊、第二弾です。今回もぎぼうし落語の会の方の応援をいただいて伺いました。
前回は最大規模の仮設住宅でしたが、今回はあまりボランティアの方が訪れない、規模の小さな所を選んだそうです。会場の談話室も高座を作ると狭くなりましたが、その分、お互いの気持ちがストレートに伝わり合ったんじゃないかと思います。皆さんの楽しそうな笑顔が印象的でした。