神小寄席

と き 2015年10月15日(木)
      午前11時より
ところ 東根市 神町小学校

9月に入ったある日、「今年も落語の授業をやっていただけますか」と連絡が入りました。今年も依頼が来るだろうか、と思っていた矢先でしたので、正直嬉しかったですね。さっそく日程を調整して、今日の授業に臨んだと言う訳です。
羽柴校長先生の話を伺うと、地域の方々との交流をもっと深めたい、との思いが強かったですね。我々も落語を通して、その一端を担うことができたのではないかと思っております。

 落語って、何~に?

小学4年生ですから、難しい話はダメ。いかに噛み砕いて、興味を持続させて聞かせるかが、ポイントです。落語の基礎を学びました。
 時そば  乃芽家一曻
 初天神  胃仲家百勝

昨年と同じ噺をかけました。
子どもにも分かりやすく、楽しめる噺としては、定番中の定番でしょう。
特に、“見せる落語”として、時そばの「そば食い」、初天神の「ダンゴ舐め」などは最適でしょね。 
 質問コーナー

「落語をやりたいんだけど、どうすればいいですか?」なんて、すごい質問が出ました。終わってから、校長先生との話の中で、放課後にやれるようになったら、その時はお願いしますよ、とのことでした。楽しみ!