のだ祭

と き 2015年9月5日(土)
      午後6時30分より
ところ 東根市 地区の特設会場

ここ一ヶ月ほど出前の依頼がなかったのですが、9月に入り、また動きが出てきましたよ。
東根市野田地区の秋祭りの余興に呼んでいただきました。毎年、3地区が持ち回りで運営を行っているそうですが、今年は中宿地区が担当だそうです。自動車修理工場に特設舞台を作っての開催でした。
今回はお祭り、しかも屋外ステージですので、通常の落語会は馴染まないだろうと、落語抜きで臨みました。「寄席の演芸を楽しんでください」と、いわゆる“色物”で勝負です。
このような形で参加するのは初めてですが、これはこれで良かったと思っております。皆さんに楽しかったよと、声をかけていただいたのがなりよりでした。

野田祭実行委員会の会長さんのご挨拶からスタートです。
伝統あるお祭りに相応しい、賑やかなステージになりました。
 相撲甚句漫談
       胃仲家百勝
      (いなかや ひゃくしょう

おしゃべりを挟みながら、タップリ3曲聞いていただきました。
 落語漫談  乃芽家一曻
       (のめや いっしょう)

一曻さん曰く「立って演るのは初めて」。それでも、お客様の笑顔にすっかり満足した様子でした。
 南京玉すだれ
         胃仲家百勝
       (いなかや ひゃくしょう)

立って演るのは初めてではなかったこともり、スムーズにいきました。お客様の手拍子や掛け声も励みになりました。
 賛助出演(四笑の会)
 奇術   一芸楽笑
     (いちげい らくしょう)

今日のトリは何と言っても奇術。こう言う場では奇術の力は偉大です。おおいに盛り上げて、締めてくれました。