新宿ふれあいサロン

と き 2015年6月2日(火9
      午前10時より
ところ 村山市 新宿公民館

この時期は出前寄席の依頼が少なくなります。毎年のことですが、農繁期と重なり、それどころではないんでしょうね。
そんな中を、村山市は大久保地区のサロンにおじゃましました。先日同じ地区の別のサロンで行った落語会の評判を聞いての依頼でした。どこへ伺ってもそうですが、お客様に楽しんでいただけるよう、精一杯努めていることが評価されたんでしょうね。ありがたいことです。

 南京玉すだれ
        胃仲家百勝
      (いなかや ひゃくしょう)

手拍子と掛け声の“参加型”の演芸がいいんでしょうね。おおいに盛り上がり、会場が十分温まったところで、一曻さんにバトンタッチです。
 小言念仏  乃芽家一曻
       (のめや いっしょう)

ここ何回か続けてこの噺をかけています。演じ方を変え、お客さんの反応を確認しながら、“いいもの探し”です。
 真田小僧  胃仲家百勝
       (いなかや ひゃくしょう)

先日、納得の噺ができて、今回が3回目。余裕を持って臨めたこともあるんでしょうが、楽しい高座になったと思います。