若木にこにこサロン
若木お達者くらぶ

と き 2015年5月8日(金)
      午前10時より
ところ 山形市 若木公民館

山形市の最西部に位置し、歴史ある村木沢地区におじゃましました。
伺いましたら、二つのサロンの共同開催と言うことでした。何のことかといぶかっていましたら、同じ地区なんだけれども、男女がそれぞれ別々の名前で活動しているとのこと。これまでいろんなところにおじゃましましたが、初めてのケースで、こんなこともあるんですね。
大変明るいサークルで、落語会はもちろんですが、終演後のお茶飲み会でも、終始笑い声の絶えない楽しい会となりました。

 ご挨拶&自己紹介です。
歴史ある地区だけに、床の間にはいろんな物が置かれていました。お客様が落語に集中できるようにと、目隠しに襖を置いてみました。雰囲気が出て、いいもんでしょう?
 南京玉すだれ
         胃仲家百勝
       (いなかや ひゃくしょう)

最初に南京玉すだれを演ると会場が温まり、次の落語が演りやすくなります。そんな狙い通りの楽しい雰囲気になりました。
 長短  乃芽家一曻
     (のめや いっしょう)

「オヤ、今日はゆったり間を取ってるな」と感じる余裕の出だしでした。この噺のポイントである気の長~い男を見事演じてました。お客様が“乗ってこない”と、なかなかこうはいきませんよ。
 真田小僧  胃仲家百勝
       (いなかや ひゃくしょう)

この噺を始めて十数回目、ついにきました。そこそこ“ウケ”てはいましたが、もうひとつシックリこないでいました。納得の一席ができたのも、お客様のお陰です。感謝!