西戸ふれあいの会

と き 2015年3月27日(金)
      午後1時30分より
ところ 東根市 西戸公民館

いつも20名前後の方が参加されるそうですが、今日は珍しく少なかったそうです。折角来ていただいたのに、なんて恐縮されていましたが、事情を伺ってみますと、今日は温かく、陽気がいいので、農作業に行かれたのだろうとのことでした。春になればやらなければならないことが山ほどあるわけですから、当然と言えば当然ですよね。
ところが、始まってみるとこれがこの人数での落語会?と思うような大変な盛り上がりでした。聞く側、演る側のイキがピッタリで、おおいに楽しんでいただきました。「今日来れなかった人にも見せてやりたかった」 一番の褒め言葉でした。

 ご挨拶&自己紹介です。
屏風のある部屋の角に高座を設営しました。ちょっと変則ですが、正面の床の間を背にすると、お客様が落語に集中できなくなりそうでしたので…。最高の舞台環境を作ることも大切ですよね。
 南京玉すだれ
       胃仲家百勝
      (いなかや ひゃくしょう)

いつ、どこで演っても、皆さんが元気になるのがいいですね。
 長短  乃芽家一曻
     (のめや いっしょう)

お客様の人数を見て、急遽この噺に変更したとか。やっぱり十八番(おはこ)は自信をもって臨めるんでしょうね。楽屋にいて、ビックリするぐらいの笑いでした。
 親子酒  胃仲家百勝
      (いなかや ひゃくしょう)

3月に入って続けたこの噺も、今日が最後で、集大成のつもりで演りました。聞き手がいいと人数に関係ないことを実感しました。