五十鈴町第二町内会
   新春初笑い寄席

と き 2015年1月24日(土)
      午後1時30分より
ところ 山形市 鈴川交流センター 

「覚えていらっしゃいますか? 一年半ぶりのご無沙汰です」。こんな口上から話し始めました。ありがたいことに「ンン」と頷いて歓迎してくれました。前回は夏祭りでしたが、新年の行事にもと言うので、声をかけていただきました。
たっぷり時間をいただいたので、久し振りに奇術を入れて3人で番組を作ってみました。落語だけと違い、色物(奇術)が入るとゆったり楽しめたんじゃないでしょうか。

 相撲甚句漫談
         胃仲家百勝
       (いなかや ひゃくしょう)

漫談は新鮮さも大事な要素です。毎日変わる状況をどれだけ噺に取り入れられるか、苦労します。
 粗忽長屋  乃芽家一曻
        (のめや いっしょう)

思い切って、マクラの時間を半分に抑えたそうです。長すぎると本題に入ってから、中ダルミの心配があったし、時間の超過が気になったとか。
 賛助出演(四笑の会)
 奇術  一芸楽笑
     (いちげい らくしょう)

ネタの数も増え、自作のネタもあるそうですよ。奇術のネタって、自分で作れるんだ。知らなかった。
 初天神  胃仲家百勝
      (いなかや ひゃくしょう)

出前寄席でのこの噺は今日でオシマイ。1月だけの限定ネタとして演りましたから。それにしても、なかなか良く出来たいい噺ですね。