健康づくり事業・落語会

と き 2014年11月29日(土)
ところ 山形市 嶋南町内会集会所

山形市郊外に新しく誕生した嶋地区におじゃましました。赤い羽根共同募金健康づくり事業の一環として、金井地区社会福祉協議会さんと嶋南町内会さんとの共同企画でおこなわれました。
会場に伺うと、新しい住宅地らしく若い役員の方もいらっしゃいましたが、他ではなかなか見られない光景ですよ。

ご挨拶&自己紹介です。
“のめや いっしょう” 一生(一升)酒を呑みたいと思って芸名をつけましたが、実はこんな字を書きます。
 南京玉すだれ
         胃仲家百勝
        (いなかや ひゃくしょう)

この芸はお客さんといかに一体になれるかが、ポイントです。“ひとりぼっち”の芸にならないように、気をつけています。
 粗忽長屋  乃芽家一曻
        (のめや いっしょう)

まだしっくりこない、とか。
お客様の反応はいいんですが、納得いかないところがあるんでしょうね。もう少し、この噺を続けるのかな?
 親子酒  胃仲家百勝
      (いなかや ひゃくしょう)

この噺は一旦、今日で話し納めです。さくらんぼ寄席をピークに練ってきましたが、12月から別の噺にしようと思っています。いい締めくくりが出来ました。
 相撲甚句  胃仲家百勝
        (いなかや ひゃくしょう)

相撲甚句も唄って下さい、とリクエストがありました。ホームページを見てのお願のようで、ありがたいことです。