ふれあいサロンいしざき

と き 2014年2月23日(日)
      午後1時30分より
ところ 東根市 新田区公民館

 南京玉すだれ
       胃仲家百勝
      (いなかや ひゃくしょう)

「見たことある方いらっしゃいますか?」「はい、日光江戸村であります」 人気の場所で見たことのある方もいらっしゃいましたよ。
 そば清  乃芽家一f
      (のめや いっしょう)

チョッと気になることがあって、見直しをしていたとか。今日かけてみて、スッキリしたとのこと。良かったですね。
 真田小僧  胃仲家百勝
       (いなかや ひゃくしょう)

ネタおろしから連続して7度目の高座でした。このように同じ噺をしかも連続して出来るのは幸せなことです。高座に恵まれているからこそ出来ることですね。         
終演後、お茶を飲みながらのおしゃべり会に参加しました。落語を演りはじめたキッカケとか、もろもろの話をさせてもらいました。お土産に特産の“啓翁桜”をいただきました。ありがとうございました。

ここ高崎地区で演るのは初めてです。なかなか声がかからなかった地区ですが、これを機会に増えるといいですね。
昨年の4月に立ち上げたばかりの新しいサロンさんですが、皆さん一生懸命に取り組まれているのが分かります。男性陣が多くいらっしゃるのもいいですね。他のサロンでは見られない光景ですよ。カラフルなチラシを全戸に配布されたそうで、出席者も30名を超す大入りでした。
ところで、家に帰る車の中で、どちらともなく「終わってホッとしたね」と言葉が出てきました。なにしろ1〜2月の出前寄席が16件ですから、さすがの我々も少々バテ気味だったのです。と言うか、受けた以上穴を開けられませんから、気が抜けなかったと言った方がいいでしょうかね。
いつも、風邪をひかないように、スキーなどで怪我をしないように、体調管理には気を遣っていたのです。また、出前の前日は深酒をしないように控えるのも、チョッとつらいものがありました。次回の出前寄席までチョッと時間がありますから、しばらくゆっくりします。