南京玉すだれ
       胃仲家百勝
     (いなかや ひゃくしょう)

手拍子もバッチリ、掛け声も揃い、賑やかな玉すだれになりました。やはり、2本使っての枝垂れ柳はいいですね。反応が違います。       
 小言念仏  乃芽家一f
       (のめや いっしょう)

この噺は歴史のある地区で特にウケます。今日も大ウケでした。各家庭には必ず仏壇があって、念仏は日常的なことで、身近な話題として聞けるんでしょうね。
 初天神  胃仲家百勝
     (いなかや ひゃくしょう)

こんなにウケていいのかと言うぐらい、ず〜と笑いの渦でした。同じ噺をかけ続けるって、いいこともあるんですね。新しい発見がいろいろありました。
皆さんと車座になって、昆布と梅干に煎茶を注いだ「大福茶(おおぶくちゃ)」をいただきました。京都では千年ほど昔から、正月に飲む習慣があるそうです。縁起ものですね。いいものをいただきました。

つつみばたサロン

と き 2014年1月27日(月)
      午前10時より
ところ 東根市 羽入第一公民館

到着したら、さっそく挨拶があり、気持ち良く迎えてくれました。後ろには屏風まで準備してもらい、いい感じの高座ができあがりました。
サロンによって、いろいろな進め方がありますが、最初に「サロンの歌」を唄って始まりました。聞いていますと、歌詞と言いメロディと言い、オリジナルなんですね。独自の歌を持っているってすごいですね。後で伺ったら、サロンの会員の方の作だそうです。
初笑いと言うので、期待して待っていてくれたのがよ〜く分かり、気合いを入れて演ったことは言うまでもありません。