自己紹介です。
老人クラブのリーダーの方でしたので、洒落も良く分かり、すぐ反応してくれました。お陰さまで、演りやすかったですよ。
 南京玉すだれ
       胃仲家百勝
      (いなかや ひゃくしょう)

手拍子をいただいたり、掛け声をかけたり、いわゆる参加型ですから、皆さんの“ノリ”もいいですよ。
 長短  乃芽家一f
     (のめや いっしょう)

玉すだれの勢いをそのまま引っ張って、マクラから笑いは全開。本題に入っても、衰えることはありませんでした。
 代書屋  胃仲家百勝
      (いなかや ひゃくしょう)

次の噺に入っても、笑いのモードは持続。加えて、滑稽噺の典型ですから、初めからズ〜と笑い通しの方も…。

宮野浦学区老人クラブ連絡会

と き 2013年11月26日(火)
      午後2時より
ところ 酒田市 宮野浦学区
     コミュニティ防災センター

今年もはるばる酒田までやって来ました。昨年に続いて、酒田市講師派遣事業の一環としておじゃましました。
低気圧の通過に伴って、強風が吹き荒れる生憎の天候でした。我々内陸人にとっては珍しい強い風も、地元の人は、「こんなことはよくある奴ですよ」なんて、当たり前の様子でした。すぐ近くが海岸ですから、そんなこともあるんでしょう。
「笑いを通じた介護予防」と少々堅いテーマでしたが、要は笑っていただくことが健康への早道と、しっかりアピールしました。その甲斐あってか、終始笑いに包まれ、楽しい落語会になりました。