始まる前に、いつものように自己紹介を兼ねたごあいさつです。教育用語で言うアイスブレイクの時間ですね。
 南京玉すだれ
       胃仲家百勝
      (いなかや ひゃくしょう)

練習したのがよかったのか、皆さんの協力的な掛け声と手拍子で、盛り上がりました。
 応援出演
 (ぎぼうし落語の会)
 奇術  笑泉亭小艶
      鈴々亭小かめ

あまり出番のなかった余技のマジックをお願いしましたが、なかなか良かったですよ。
 そば清  乃芽家一f
      (のめや いっしょう)

大一番のさくらんぼ寄席の前に、納得のいく高座ができたとか。ホッとした気持ちが伝わってきました。高座の写真がなくて、スミマセン。
 初天神  胃仲家百勝
      (いなかや ひゃくしょう)

大きな会場での高座は久し振りでした。普段あまりないことですので、緊張感があっていいもんですね。
明治地区文化祭

と き 2013年11月3日(日)
      午後12時30分より
ところ 山形市 明治コミュニティセンター

山形市内の明治地区で毎年行っている「文化祭」に、演芸で参加しました。講演会の講師としてですが、落語、南京玉すだれ、奇術で楽しんでいただきました。
当日会場に着いたら、驚きです。コミュニティセンターの敷地一杯に、出店、売店、模擬店などが出て、大勢の子どもたちが遊んでいました。センターに入ると、会議室、研修室、交流ホールにも作品が展示してあり、大層なにぎわいでした。その他にも、前日から2日間に亘っていろいろな催しがあったそうです。すごいことですね。
これだけの規模の文化祭ですから、さぞかし関係者の方はご苦労されたと思います。特に実行委員会の皆さんにはお世話にりました。お疲れ様でした。