上丁サロン寄席

と き 2013年8月21日(水)
      午前10時より
ところ 山形市 上丁集会場

看板の「上丁演芸場」がいいですね。席亭(ご担当者)の思い出多い旧池袋演芸場を再現したかったとか。なかなかいい雰囲気ですね。
開演前まで、寄席囃子をず〜と流していました。会場内も演芸場の雰囲気が漂っていましたよ。
 南京玉すだれ
     胃仲家百勝
     (いなかや ひゃくしょう)

昔の寄席には色物として人気の高かった南京玉すだれが、必ず出ていたものです。
 小言念仏  乃芽家一f
        (のめや いっしょう)

夏休みが長かったせいか、得意中の得意ネタが、チョッとまごつくところも。ゆっくりし過ぎた、と反省の弁。
 花筏  胃仲家百勝
     (いなかや ひゃくしょう)

8月4日に尾花沢市で地方場所がありました。それをマクラにふっての相撲噺を披露。勿論、相撲甚句も飛び出しました。
お土産に、もうお馴染みの「長寿独楽」を持参しました。
一回回すと一日長生きします!!

「江戸落語の真髄を気楽に楽しむ上丁サロン寄席。柏倉門伝村に柳家金語楼師匠が訪ねて以来の本格江戸落語名演会。」 事前に町内に配付したチラシの一部です。演者紹介ではこんな文句も。
胃仲家百勝:滑稽噺から人情噺までを語る。師匠の興がのれば相撲甚句まで飛び出してくる。持ちネタは文七元結、花筏、禁酒番屋、胴斬り、親子酒など。
乃芽家一f:江戸落語に蕎麦は欠かせない。師匠の蕎麦はこれがナンともうまい。持ちネタは小言念仏、長短、時そば、寿限無など。
なんとも、褒めすぎと言うか、洒落がキツイと言うか、でもなんか嬉しくなっちゃって紹介しました。
上丁いきいきサロンの例会に呼んでいただきました。落語好きな担当者の方で、今回の企画となったようです。お客様の期待も大きかったこともあり、大変楽しい落語会となりました。皆さんにも喜んでいただき、ありがたいことです。