小言念仏  乃芽家一f
        (のめや いっしょう)

この噺は田舎へ行けば行くほど、笑いの多いのが特徴です。“念仏”が身近なものとして共感できるかどうかなんですね。
 文七元結  胃仲家百勝
       (いなかや ひゃくしょう)

長い噺となると、聞く方も演る方も体力勝負みたいなところがあります。ご年配の方にはちょっと厳しい面もあるかもしれませんね。

大淀いきいきサロン

と き 2013年7月4日(木)
     午前10時30分より
ところ 村山市 大淀公民館

先週の「湯沢ふれあいサロン」さんと同様、ちょうど一年振りの出前寄席でした。落語で楽しい時間を過ごしたいと言うので、呼んでいただきました。
お互い、なんとなく顔が分かる気安さか、高座設営の間も世間話をしながら、和やかな空気が流れていました。昨年お邪魔した時は、正直、とっつきにくい、堅い感じがしましたが、初めて会ったからなんでしょうね。2回目ともなると、やっぱり違うんですね、親しく迎えてくれました。
終演後、昼食をご馳走になり、来年の予約までいただきました。ありがたいことです。