裏方さんを含めて総勢5名でご挨拶です。この時間がお客様との距離を縮めてくれます。
 (ぎぼうし落語の会)
 たぬき  鈴々亭小かめ
     (りんりんてい こかめ)

今年2回目の高座とのことですが、詰まるところもなく、堂々とした話しぷりでした。日頃の稽古の賜で、ハナマルでしょう。
 (ぎぼうし落語の会)
 寿限無  粋亭百彩
      (いきてい ひゃくさい)

当面の目標は「柔和な笑顔での高座姿」とか。出番前にテンションを上げて、いざ高座へ…。いいぞ、その調子。
 (ぎぼうし落語の会)
 南京玉簾  三沼亭かっぱ
       (さんしょうてい かっぱ)

いつもながら見事な指さばき。恐れ入りました。会場を和ませる“色物”は貴重な存在ですね。
 (応援出演)
 長短  乃芽家一f
     (のめや いっしょう)

お馴染みの長短でしたが、噺のツボで笑ってもらい、納得の出来。時間が押していた中で、マクラを短く調節できたのは成果でした。

寒河江市緑町4町会 観桜会

と き 2012年4月22日(日)
     午前11時より
ところ 寒河江市 中央工業団地会館

先週に続いて、ぎぼうし落語の会さんの出前寄席へ応援出演です。
4月下旬にしては肌寒い日で、折角の花見の宴でしたが、桜の蕾もやっと赤らんできた状態です。30名位のお客さまで、子供からお年寄りまで、地区の方がお集まりです。
百彩会長さんが自治会の会長さんと知り合いとかで、大変打ち解けた雰囲気の中での高座でした。皆さんには充分楽しんでいただけたものと思います。